シミ予備軍を撃退する秋のスキンケア

暑さがやわらいできたこの時期、気になるのは、夏に浴びた紫外線によるダメージ。いま何もなくても、その肌、シミ予備軍だらけかもしれません。秋のスキンケアのカギは、このシミ予備軍にあります。

 

【忙しいママのための】この記事のポイント
・秋の肌は、夏に浴びた紫外線で「シミ予備軍」だらけの可能性あり!
・シミの原因は「ターンオーバーの乱れ」と「メラノサイトという細胞のがんばりすぎ」
・ターンオーバーを整え、メラノサイトを落ち着かせることが必要

 

秋の肌はシミ予備軍だらけ?

夏にたっぷりと紫外線を浴びた肌。日焼け止めを塗っていたから、屋外のレジャーに行かなかったから……という人も安心はできません。

日焼け止めは肌に受ける紫外線の量を減らすことしかできませんし、日常生活を送る上で紫外線を完全に防ぐことはできないので、どんな人も大なり小なりダメージを受けています。

紫外線をたくさん浴びると、肌では何が起こるでしょうか。紫外線はさまざまな肌トラブルの原因となりますが、特に気になるのはシミです。

夏に浴びた紫外線が原因で、この時期に現れてくる可能性があります。もしかすると「シミ予備軍」だらけかも!?

でも安心してください。この予備軍をシミに変えないために、できることがあります。まずは、シミができるメカニズムを知りましょう。

 

しくみがわかれば怖くない!シミができるわけ

肌の内部には「メラノサイト」という細胞があり、常に無色透明の色素「チロシナーゼ」を生み出しています。

ここに紫外線や物理的な刺激が加わると、メラノサイトが活性化してチロシナーゼをたくさん生成するようになり、さらに、チロシナーゼが黒色化して「メラニン色素」に名前を変えます。

シミの原因として馴染みがあるのではないでしょうか。しかし実は、メラニン色素のせいですぐさまシミができるわけではないのです。

肌にはターンオーバーという、肌が生まれ変わるしくみが備わっています。そのため黒くなって増えてしまったメラニン色素も、ターンオーバーによって排出されていきます。

ところが、なんらかの理由でメラニン色素が肌にとどまる場合があります。これがシミとなるのです。

メラニン色素が肌にとどまってしまう理由は、ターンオーバーがうまく機能していないこと。それからもう1つ、ターンオーバーで追いつかないほどメラニン色素が増えてしまった場合です。

 

【参考記事】健康な肌を作るために知っておきたい、肌が生まれ変わるしくみ

 

「ターンオーバーで追いつかないほど、メラニン色素が増えている状態」は、夏にたっぷり紫外線を浴びた肌や、敏感になっている肌に起きている可能性があります。

原因は、メラノサイトの働きにあります。メラノサイトは、紫外線や外部からの刺激を感じると活性化し、チロシナーゼをたくさん作ります。これが刺激によって黒色化します。

なぜこんなことが起こるのかというと、肌が自分自身を守ろうとしているからです。

もし強い紫外線を浴び続ける状況に置かれたとき、メラニン色素ができなければ肌が無防備な状態となります。紫外線がメラニン色素によってさえぎられることなく、肌の奥深くまで侵入し、もっと重大な肌トラブルを引き起こしてしまうことになります。

メラニン色素は、自分自身を守るために必要なものなのです。

だから、私たちが肌にできることはひとつ。メラニン色素が生成されることを止めたり、色素を抜くような美白化粧品を使ったりするのではなく、役目を終えたメラニン色素をきちんと排出させることです。

 

シミを作らないためにできること

シミができるのは、ターンオーバーがうまく機能していないこと、ターンオーバーで追いつかないほどメラニン色素が増えてしまうこと(メラノサイトが活性化していること)が原因。

ということは、ターンオーバーを整え活性化したメラノサイトを落ち着かせることをすれば、ダメージをシミに変えない肌を作ることができるのです。

ターンオーバーを整えるためには、きちんと栄養を摂る、しっかり眠る、ストレスをためない、といった体の内側からのケアを行います。

 

【参考記事】

費用ゼロ!今日から簡単にできる「最良のスキンケア」

毎日の食事にちょっとプラスで「美肌」を作る!大豆の力で体の内側からスキンケア

 

加えて、肌を健康な状態にする外部からのケアを行います。

健康な肌とは、水分油分のバランスが取れた肌。しっかりと保湿をして肌を整えると、ターンオーバーが正しく機能するようになり、メラニン色素が排出されていきます。

肌がうるおうと刺激に強くなり、活性化していたメラノサイトが落ち着きます。紫外線などの刺激から肌を守るために働いていたので、刺激がなくなれば、もうメラニン色素を作らなくて良いと判断するのです。

だから、紫外線をたくさん浴びた、敏感になっている肌に必要なことは、いつも以上の保湿。この時期は特に、肌にうるおいを与えることに重点を置いたスキンケアをしましょう。

肌の特性上すぐに効果は出ませんが、肌が徐々に整い、メラニン色素を排出できるようになります。肌の力を信じて、うるおいを与え続けてみてください。

 

【参考記事】

敏感肌のスキンケアの基本

あらゆる肌トラブルを改善する基礎化粧品

 

2つめの記事で紹介しているアクアテクトゲルのようなオールインワンゲルをパックとして使うと、肌がとてもうるおうのでおすすめです。

 

乾燥肌の方は必見!簡単にできる乾燥肌改善法

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)