敏感肌にとってのNG行為

ちょっとしたことが刺激になってしまう敏感肌。肌を守るために、日常の生活の仕方を見直しましょう。

こんなNG行為、していませんか?

 

NG行為1 合わない成分が入ったスキンケアアイテムを使っている

「敏感肌用」だから肌に優しいはず、ずっと使い続けてきたものだから大丈夫、高かったから使い切らないともったいない、もう少し使って様子を見てみよう……と、合わないスキンケアアイテムを使い続けていませんか?

「合わない」とは、ピリピリと染みたり赤くなったりと症状が出る場合や、もともと持っていた症状がまったく改善しないものを言います。

敏感肌用でも刺激が強いものがありますし、誰にでも合うアイテムは存在しません。また、体調や時期、年齢によって肌の状態は変わります。ずっと同じアイテムを使っていられるとは限りません。

自分の肌の状態をしっかりと観察しながら、刺激を感じたら少し休んでみる、思い切ってやめてみる、と臨機応変に対応しましょう。

 

NG行為2 美白やアンチエイジングなどの”攻め”のスキンケア

あるものを消す、ということは、それだけ強い作用が必要とされます。作用が強いということは、刺激が強いということです。敏感肌にとっては、できるだけ避けたい成分です。

そうはいっても、気になるしわやしみ。できるだけゆるやかな作用のスキンケアアイテムを選ぶと良いです。こちらも肌の状態をしっかりと観察して、少しでも刺激になるなら休むなどしながら使うことをおすすめします。

また、食生活を改善するなどして体の内側から働きかける、といった別の方法も視野に入れてみましょう。

 

NG行為3 肌に触れることが多い

ニキビや吹き出物に、つい触れてしまうことはないでしょうか。手の雑菌や触れることの刺激で悪化してしまいます。気になるものですが、ぐっと我慢しましょう。

何も症状が出ていない場合も、敏感肌は触れるだけで刺激になるもの。頬杖をつく癖のある人は注意してください。

また、髪の毛も刺激になります。おでこに触れる前髪や、フェイスラインに沿ったサイドの髪で、かゆみが出た経験のある人は多いのではないでしょうか。前髪は分けたり上げたりする、サイドに垂れる髪の毛が少なくなるアップスタイルにするなど、上手におしゃれと両立させる工夫をしてみましょう。

 

NG行為4 たくさんのスキンケアアイテムを使う

たくさんのアイテムがNGという理由は、それだけ肌が触れる機会が増えるためです。先に述べた通り、触れることは敏感肌にとって大きな刺激となります。

スキンケアアイテムはラインで使う、というのが化粧品メーカーで推奨されていますが、必ずしもそうとは限りません。乳液とクリームが実はほとんど同じ成分だった、なんてことが実はよくあります。アイテムの目的と成分は確認すべきポイントのひとつです。

肌に触れる機会を減らすためには、ひとつのアイテムに必要成分が含まれているオールインワンゲルがおすすめです。

 

以上、NG行為4つ、心当たりのあるものはありましたか?ちょっとしたことに気をつけるだけで、刺激は限りなく減らすことができます。日常生活を見直して、肌を守りましょう。

 

こちらの記事で、おすすめのオールインワンゲルを紹介しています。合わせてどうぞ。

【関連記事】アクシリオお試しセット紹介

 

乾燥肌の方は必見!簡単にできる乾燥肌改善法

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)