幼児の座席は必要?持ち物は?子どもと飛行機に乗るときのポイント

幼児とのお出かけは心配なことが多いものです。それが初めての飛行機となると、長時間じっとしていられるかな?持ち物は何が必要?そもそも子どもにも座席は取らなければいけないの?……と、わからないことがたくさん出てくると思います。そこでこの記事では、子どもが0歳4ヶ月で飛行機デビューし、2歳までに4往復した我が家の経験を交えて、幼児と飛行機に乗るときのポイントをご紹介します。

もくじ

幼児は飛行機で座席が必要?

我が家が普段利用するANAやJALでは、国内線は2歳11ヶ月まで「幼児」として扱われます。この「幼児」は、座席を取ることも、座席を取らずに膝に抱いて乗ることもできます。座席を取る場合は航空券を購入する必要があり、座席を取らず膝に抱く場合は無料です。

また、幼児が座席に一人で座る場合、体が小さく大人用のシートベルトで安全が確保できない場合は、チャイルドシートを使用する必要があります。チャイルドシートは持ち込むか、航空会社で借りることができます。借りる場合は事前に予約が必要で、身長、体重と共に伝えておきましょう。

現実的な「膝に抱っこ」の限界

我が家の場合、子供が2歳1ヶ月の搭乗まで、膝に抱いて乗りました。2歳というと、好奇心が育ち、言葉はわりと理解しており、自我が強くなってくる頃です。この次の搭乗もまだ2歳でしたが、次の理由から座席を取りました。

・子どもが座席に座りたがる

・体が大きくなり、動きも活発になってきたため、隣の人にぶつかる、前の座席を蹴るなど、まわりに迷惑をかける

・狭い空間に不自由な体勢で拘束するのがかわいそう

・親がおやつやおもちゃなどを取り出したり、抱き直したりする際に、身動きが取りにくい

飛行機の中にいる時間や混み具合にもよりますが、子どもの成長度合い(体は小さくとも2歳は活発)と私の感覚で、「膝に抱っこ」は2歳半未満までと判断しました。ただし、この時は母子2人旅だったためで、お父さんも一緒なら娘が動ける範囲が広がるので、もう少し先延ばしにしていたかもしれません。

国内線の子連れ制限

国内線は2歳11ヶ月まで「幼児」として扱われ、膝に抱く場合は無料となりますが、実はこれには制限があります。大人1人が連れていける幼児(3歳未満)の数は2人までなのですが、そのうち1人は、何歳であっても座席が必要なのです。無料で乗せられるのは1人だけということです。

確かに、2人を膝に抱っこして機内で過ごすのは、現実的ではありませんね。座席が必要な子どもがいる場合は、次にご紹介するポイントを参考に、航空券を予約してみてください。

子どもの航空券購入と座席を取るときのポイント

インターネットで航空券を購入する方も多いでしょう。比較サイトを通して購入することもできますが、幼児と飛行機に乗るなら、JALならJAL、ANAならANAの公式ホームページで予約することをおすすめします。なぜなら、予約前後で航空会社に直接連絡する必要があるからです。

インターネットで幼児の航空券を購入して座席を取る場合、実は「幼児」を選ぶことができません。我が家が航空券購入時に確認した際には、年齢を3歳として「小児」で予約し、航空会社に連絡して年齢を伝えて予約内容を変更してもらうという流れで購入と座席指定を行いました。チャイルドシートが必要な場合は、その際に予約しておきます。

次に、個人的にとても大事だと思っているのは、航空券の購入時期と、座席の取り方です。子どもの航空券の料金は、買い方によって大きく金額が変わってくるので、注意が必要です。

ポイント1 航空券を「早割」で購入する

航空券の小児運賃は、「大人片道運賃」の半額です。これは割引も何もない正規の金額の半額なので、たとえば我が家の帰省の場合、この料金で乗ろうとすると、子どもだけで片道2万円かかります。

そこで絶対に利用したいのが「早割」。早く予約するほど、料金が安くなるというものです。予約の変更ができない、払い戻しに手数料がかかる、というリスクはありますが、とてもお値打ちです。

ただし早割の場合はすでにお得な金額設定ということで、子どももまさかの大人料金です。それでも、普通料金の小児運賃よりは安いことが多いです(料金は自動的に安い方が適用されるとのこと)。次に挙げる座席指定についても、早めに予約することで、希望する席を取りやすくなります。

ポイント2 座席を窓側に指定する(2歳児の場合)

ケースバイケースですが、我が家の場合は他のケースの方がリスクが高いと判断し、この選択をしています。座席は3人がけ、子どもと2人旅の場合、子どもが中央だと、子どもの隣の一方が他人ということになります。そうなると、迷惑をかける可能性が高くなります。

また、子どもが通路側の場合、通路を行き来する人とぶつかったり、席を立って脱走してしまう可能性があります。ただし、窓側の席だと、トイレに行きにくいというデメリットがあります。大人に関しては2時間くらいなら平気ですが、子どもはそうはいきません。

ただ、2歳のうちはオムツがはずれていない場合が多いと思うので、トイレに行く必要はありません。大きい方をした場合はオムツ交換に行きますが、経験上、可能性や頻度は多くありません。逆にオムツがはずれてからは、子どもは頻繁にトイレに行くので、通路側を取ることになると思います。

持ち物は何が必要?飛行機内での幼児のぐずり対策

航空券を購入し、いざ搭乗!の前に、持ち物にもポイントがあります。ぐずりグッズもいくつか用意しておきましょう。

気圧の変化で耳が痛くならないための飲み物(マグの場合は上空での中身の吹き出しに注意)、手軽に食べられるパンやおやつはもちろんですが、2歳の我が子の気を引いたアイテムは、シールブックです。絵本のような冊子に、付属のシールを貼りつけて遊ぶというものです。子どもに内緒で買って、その日初めて見せることで興味をひきつけるのもポイントです。

実際に持参したのは、2歳向けの「ちえのおけいこシールブック」。A5サイズ、16ページで、かさばりません。「みんなに1つずつ○○をあげましょう」、「見本と同じように貼りましょう」といった指示があり、数などの勉強ができます。2歳1ヶ月だとルール無視で、たくさんあるシールの中で小さなものは少し難しそうでしたが、思い思いに貼って楽しんでいました。

それ以外の時間は、お気に入りのおやつを食べたり、機内サービスの水をもらって飲んだり(本人は「ジュース」だと言って喜ぶ)していました。しかしやはりずっと膝の上の狭い空間で窮屈だったのか、途中で床に下りたがりました。そこで母の足の間に下ろしてみると満足したようで、しゃがんでみたり、母の足にもたれてウトウトしたり、おとなしくしていました。少し体勢を変える変えることが、気分転換になったようです。

離陸前、着陸後の待ち時間を含め、飛行機に乗っていた時間は2時間ほど。眠い時に少しだけぐずりましたが、それ以外はこれらの方法で乗り切ることができました。

まとめ

幼児と飛行機に乗るときのポイントを、実際の経験を交えてご紹介しました。同じ年頃のお子さんと飛行機に乗る機会がある方はぜひ参考にしていただき、成長度合いや性格、一緒に行く大人の数、混み具合を考慮しながら、合う方法を考えてみてください。よい旅になりますように。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる