【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

仮想通貨投資を始めると、「ウォレット」という言葉を見聞きするようになってきたのではないでしょうか。

ウォレットって何?どうして必要なの?

この記事ではウォレットについて、

  • ウォレットって何?
  • ウォレットって何に使うの?
  • ウォレットってスマホで使える?

という疑問を解決し、実際に「MetaMask(メタマスク)」というウォレットをスマホにインストールする方法をご紹介します!

ウォレット? メタマスク?

……仮想通貨の世界に足を踏み入れると、新しい言葉がどんどん出てきて混乱しますよね。

でも、メタマスクのインストール方法はとっても簡単!

安心して読み進めてくださいね。


コインチェックの口座をまだ持っていない方は、こちらから簡単に作ることができます。

2,500円分のビットコインをもらう✨

コインチェック

手続きが不安な方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

実際のスマホ画面で詳しく解説しているので、これに沿って進めると、簡単に口座を作ることができますよ。

もくじ

そもそもウォレットって何?

ウォレットはデジタルのお財布

ウォレットはその名の通り、お財布です。

仮想通貨はデジタルのお金なので、仮想通貨のためのウォレットも「デジタル」のお財布です。

コインチェックのアプリにも「ウォレット」があるけど、それのこと?

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

コインチェックのアプリを開くと、下のメニューに「ウォレット」がありますね。

こちらをタップすると、上の画像のように、コインチェックの口座の中にある資産を確認することができます。

これもウォレットではあるのですが、たとえば今回ご紹介するメタマスクのように、ここに入っている仮想通貨で直接NFTを買うことはできません。

コインチェックで仮想通貨(イーサリアム)を買い、OpenSeaというプラットフォームでNFT(デジタルアートなど)を買うとします。

(OpenSeaでは主にイーサリアムで取り引きが行われます。)

そのときの手順は次の通りです。

  1. コインチェックで仮想通貨(イーサリアム)を買う
  2. イーサリアムをウォレット(メタマスク)に送る
  3. OpenSeaとウォレットを接続する
  4. OpenSeaでNFTを買う

このように、NFTを買うとき、メタマスクがコインチェックとOpenSeaの橋渡しをしてくれるのです。

ウォレットって何に使うの?

ウォレットはさまざまな役割を持っています。

たとえば、

・仮想通貨を保有する
・仮想通貨をやり取りする
・NFTを買う、もらう

ひとつの取引所で仮想通貨の売買をするという使い方であれば、とりあえずは他のウォレットは必要ありません。

しかし、複数の場所で仮想通貨を持っている場合は、ウォレットがあれば一箇所にまとめて管理することができます。

仮想通貨をどこか(誰か)に送ったり、受け取ったりする時も、ウォレットを使用します。

また、NFTを買ったり、もらったりするときも、ウォレットは必須です。

先述の通り、OpenSeaでNFTを買うときはウォレットを接続します。

SNSで話題のGiveawayでNFTをもらうときもウォレットが必要で、ウォレットアドレスを伝えるだけで、簡単にNFTを受け取ることができます。

その他にも、ウォレットをさまざまなプラットフォームに接続することで、いろいろなことができるようになっていっています。

Web3.0に進んだこの時代、ウォレットは必須と言えるでしょう。

仮想通貨を扱っているなら、早めにウォレットを作っておくと良いですね。

ウォレットってスマホで使えるの?

仮想通貨の取引所は、スマホで取り引きするのが当たり前になってきました。

それなら、ウォレットもスマホで使いたいですよね。

安心してください、今回ご紹介するMetaMask(メタマスク)はスマホアプリもあります。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

スマホは不安定という声もあるのですが、私が使っている限りはまだ不具合はありません。

私はOpenSeaでNFTを買ってみたいと思い、OpenSeaと接続できるメタマスクを選びました。

ご自身が接続したいプラットフォームと相性の良いウォレットを選ぶと良いでしょう。

ここからは、メタマスクをスマホにインストールし、初期設定する方法をご紹介します。

Metamaskをスマホにインストールする方法

メタマスクのアプリをインストールする

さっそくメタマスクのアプリをダウンロードしましょう。

> App Storeはこちら
> Google Play はこちら

私はiPhoneユーザーなので、ここからはiPhoneの画面を使って解説します。

Androidでも基本的に同じかと思いますので、参考にしてみてください。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

App Storeでメタマスクの画面の「入手」をタップして、アプリをダウンロードします。

ダウンロードできたら、アプリを開きます。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法
【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法
【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

右へスライドして内容を確認して「開始」をタップします。

ウォレットのセットアップに進みましょう。

メタマスクでウォレットをセットアップする

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

「新規ウォレットを作成」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

メタマスクのアプリのデータ収集に関する説明を読み、「同意する」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

パスワードを入力します。入力欄の下にパスワードの強度が表示されるので、これを参考に作成すると良いでしょう。

確認用パスワードも入力し、チェックボックスにチェックを入れたら、「パスワードを作成」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

Face IDがあるとアプリを開くときに便利なので、使用を許可する「OK」をタップします。

続いて、超!重要なリカバリーフレーズの保管に移ります。

リカバリーフレーズを保管する

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

リカバリーフレーズシードフレーズともいいます)は、後で詳しくご説明しますが、アプリを復元するためにとても重要なものです。

これを保管しておくことで、アプリにログインできなくなったときや機種変更の際に、ウォレットを復元することができます。

リカバリーフレーズを表示させるために「開始」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

リカバリーフレーズのリスクと保管のコツが書かれていますね。

これを心に刻んだら、「開始」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

すぐには表示されないようになっており、誰にも画面を見られていないことを確認してから「表示」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

すると、12個のリカバリーフレーズが表示されます。

1つ1つは実際に存在する英単語で、それぞれ番号が振ってあります(「1.apple」といった感じです)。

これらを書き留めましょう。

次のステップでは順番通りに単語を選ぶ作業があるので、見たままの位置で書き留めると良いでしょう。

一時的ならスクリーンショットを撮るという手段はありますが、その後の扱いには十分に注意してください。

「続行」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

リカバリーフレーズの確認画面に移りました。

画面下の部分には、さきほど表示された12個のリカバリーフレーズが順不同で表示されています。

この中から、番号順に単語をタップしていきます。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

すべて選び、「成功」の表示が出たら、「バックアップを完了」をタップします。

すると……

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

「おめでとうございます」と表示されます。

これでウォレットの保護が完了しました。おつかれさまでした!

「完了」をタップして終わります。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

メタマスクのトップ画面が表示されます。

まだイーサリアムは入っていないので「0 ETH」と表示されています。

アカウント名「Account1」は、長押しで編集できます。

複数のウォレットを持つときは、わかりやすく変更しておくと良いですね。

アカウント名の下の方にある「0x9Ca…BEf3」というのが、ウォレットアドレスです。

タップでコピーされます。

どこかに貼り付けるとわかる通り、長い文字列になっています。

このアドレスを誰かに教えると、仮想通貨やNFTを受け取ることができます。

リカバリーフレーズと違って、アドレスは人に教えても大丈夫です。

これで初期設定が完了しました!

メタマスクを使うときの注意点

最後に、メタマスクを使うときに注意することをお伝えします。

とってもとっても!大切なことなので、ここはくれぐれも読み飛ばさないでくださいね。

リカバリーフレーズと秘密鍵は大切に扱う

先ほど取得した「リカバリーフレーズ」、そして仮想通貨の送金などに使われる「秘密鍵」は、取り扱い注意です!

これが外部にもれてしまうと、口座の中の仮想通貨は簡単に抜かれてしまいます。

一瞬で資産を失いかねないので、大切に保管しましょう。

安全性が高いのは、

✔︎ 紙に書いて金庫に保管する
✔︎ いくつかに分けて保管する

という保管方法かと思います。

他にもっと安全な方法があれば、それを採用してくださいね。

アプリの画面でスクリーンショットを撮るのは簡単ですが、それをスマホに入れたままにしておくと、スマホを落としたり、誰かに見られてしまったりしたときに危険です。

スクリーンショットで残すにしても、スマホとは完全に分けて保管するのが良いですね。

とにかく、

リカバリーフレーズ秘密鍵は、「安全に保管」して「誰にも教えない」

ということを、肝に銘じておきましょう。

リカバリーフレーズの確認方法

初期設定のときにリカバリーフレーズを取得しましたが、次の方法でも確認ができます。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

メタマスクアプリのトップ画面で、左上のメニューアイコンをタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

「設定」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

「セキュリティとプライバシー」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

「秘密のリカバリーフレーズを表示」をタップし、

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

パスワードを入力したら「次へ」をタップ。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

「長押ししてSRPを表示」をグーっと長押しすると、

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

リカバリーフレーズを確認することができます。

ここでは、12個の単語が繋がって表記されています。

秘密鍵の確認方法

「秘密鍵」の確認方法も知っておきましょう。

リカバリーフレーズを確認したときの手順と途中まで同じです。

メニューボタン>設定>セキュリティとプライバシー と進み、下の方へスライドしていくと、

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

「秘密鍵を表示」というボタンがあるので、これをタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

パスワードを入力して「次へ」をタップします。

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

リカバリーフレーズ確認時と同じように、ボタンを長押しすると、

【スマホ版】メタマスクをインストールしてウォレットを作る方法

秘密鍵が表示されます。

こちらは、数字とアルファベットの長い文字列です。

資金を送る際など、必要なときがきたら、こちらから取得して使いましょう。

しつこいようですが、絶対に絶対に!誰にも教えないでくださいね。

メタマスクのサポートの人であっても、です。

おわりに

デジタルウォレット「MetaMask(メタマスク)」のインストール方法や初期設定、リカバリーフレーズや秘密鍵についてご説明しました。

これで、複数の口座にある仮想通貨をひとつにまとめて管理したり、NFTを買ったりすることができるようになりました。

リカバリーフレーズや秘密鍵の取り扱いについては、しつこすぎるほど警告をしましたが、これらを守れば、メタマスクは安全に使うことができるので安心してくださいね。

メタマスクを橋渡しに、仮想通貨やNFT、Web3.0の世界を楽しもう!

はじめての仮想通貨取引におすすめ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる