コインチェックに日本円を入金してビットコインを買う方法

ビットコインを買ってみたいけど、なんだか難しそう。方法を丁寧に解説してほしいな。


仮想通貨の口座を開いたら、いざ購入!……といきたいところですが、ビットコインを購入するためには日本円を入金する必要があるので、まずはその方法をご紹介します。

準備ができたらビットコインを購入、となりますが、実は方法がいくつかあります。今回はその中でも、初心者におすすめの取引所での購入方法を開設します。

仮想通貨取引の口座は持っていますか? 買いたいタイミングで買えるように、まずは口座を開設しておくことをおすすめします!

もくじ

コインチェックの口座に日本円を入金する

日本円の入金も、仮想通貨の購入も、スマホのアプリで完結します。ここでは、スマホアプリの画面を使って、手順をご説明します。

まずはコインチェックのアプリを立ち上げましょう。

下のメニューから「ウォレット」を選びます。

ウォレットのページでは、コインチェックの口座にある自身の資産をすべて見ることができます。

今は日本円も仮想通貨も持っていない状態なので、「¥0」と表示されています。

右下の「入出金」を選びます。

「入金」を選びます。

入金方法はいくつかありますが、「銀行入金」でGMOあおぞらネット銀行か、住信SBIネット銀行を利用すると、手数料が無料なのでおすすめです。これを機に開設するのをおすすめします。

「クイック入金」はおすすめしません。なぜかというと……

こちらは、クイック入金の画面です。「手数料」の欄を見てください。日本円を5万円入金する場合、手数料が1,018円もかかってしまうのです。もったいないですよね。

ここでは、住信SBIネット銀行を例に、入金方法をご説明します。

振込先の情報が表示されます。この口座に入金することで、コインチェックの自分のウォレットに日本円が入金されます。

ここで注意することがひとつあります。振込人の名義を、コインチェックのID+名前にする必要があります。この画面に表示されているので、右側のコピーボタンをタップしてコピーしておきましょう。

住信SBIネット銀行のアプリに移動し、振込の手続きに進みます。

「振込依頼人名」の部分に、先ほどコピーした、「コインチェックのID+名前」をペーストします。

続いて、コインチェックの振込先の情報を選択、入力していきます。

振込金額も入力しましょう。今回は5万円入金します。

画面を下に進んでいきます。

「確認する」を押します。

「確定する」を押します。

振り込みの手続きが完了しました。仮想通貨投資を続けていく予定なら、これからも振り込みを行う機会はあるかと思いますので、振込先登録をしておくと便利です。

これで振込の手続きが完了しました。間もなくして、このようなメールが届きます。

これで振込の手続きが完了しました。間もなくして、このようなメールが届きます。

コインチェックのアプリを開き、ウォレットを見てみると、

日本円のところに、入金した金額が反映されました。画面上のグラフを見ても0円から50,000円に推移したことがわかります。

これで日本円の入金は完了です!

コインチェックの取引所でビットコインを購入する

いよいよビットコインを購入します。実は、コインチェックの中にも、ビットコインを買える場所が2つあります。「販売所」と「取引所」です。

販売所とは、コインチェックから直接ビットコインを買う場所です。それに対し取引所は、ユーザー同士がビットコインを売ったり買ったりする場所です。

ここでは、手数料が安い「取引所」での購入方法をご紹介します。

コインチェックのアプリを開き、右下の「アカウント」を押しましょう。

「FAQ/問い合わせ」を選びます。

画面左上のメニューボタンを押します。

「Coincheck取引所」を押します。

画面下に進んでいきます。

「BTC買い板/売り板」というものが出てきます。こちらの見方は、またの機会にご説明しますね。

買い方には2種類あって、「成行注文」と「指値注文」があります。

「成行注文」は現在の価格で買うもので、先ほどの「買い板/売り板」を見て買いたい金額をタップすると、取引画面に反映されます。その買い方でもOKです。

こちらでは、指値注文をしてみます。「買い板/売り板」はめまぐるしく動いていて、初心者はちょっとためらってしまういますよね。その場合は、落ち着いてできる指値注文をしてみましょう。

金額をどうやって決める?というのは悩むところですが、先ほどの「買い板/売り板」や、さらに画面を下に進めると表示される下のようなグラフを見てみましょう。だいたいいくらくらいで取り引きされているのかがわかります。

このときは下がっている途中のような雰囲気だったので、「買い板/売り板」の金額より少し低い金額にすることにしました。

同じページの中に、「現物取引」という欄があります。今回、決めた金額は「3,990,000BTC/JPY」です。これを「レート」の欄に入力します。

日本円で5万円分購入したかったので、「概算」の欄に「50,000」と入力します。そうすると、「注文量」が自動で計算されます。

「注文する」を押すと、手続きは完了です。このときは、注文後に指定した金額まで下がったので、間もなくして購入できました。ウォレットで確認すると、

日本円が0円になり、「暗号資産」の欄にビットコインが加わりました! 現在の価格と、ビットコインの数表示されています。

おわりに

コインチェックの口座に日本円を入金して、「取引所」でビットコインを購入する方法をご説明しました。

「板」を見ながらの取り引きは、最初はちょっと戸惑ってしまいますよね。でも、ご紹介した通り、手順としては案外簡単です。少額ずつ、複数回に分けて取り引きを行い、慣れていきましょう。

タイミングをずらして購入するのは、投資の基本でもあります。価格の上下に一喜一憂する必要もありません。長い目で見て、コツコツ資産を増やしていきましょうね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる